藁ぼっちプロジェクト

藁ぼっちプロジェクトの最新情報を配信中

わらぼっち」ってなぁに?

千葉に住んでいるみんな、とくに八街やちまた市、千葉市、佐倉さくら市のあたりに住んでいる子たちは、秋から冬にかけて、畑にいくつもの大きな茶色い山ができるのを見たことがないかな?あれは「ぼっち」といって、落花生らっかせい(ピーナッツ)を畑で乾燥かんそうさせるために山みにしたものなんだ。大豆だいずでぼっちをつくることもある。
雨にぬれないように、いまは山のてっぺんに、青いシートがかぶせてあることが多いけど、むかしはお米の稲藁いなわらで、農家さんが藁笠わらがさを編んで、ぼっちにかぶせていたんだ。それが藁ぼっち。いまでも藁ぼっちをつくっている農家のうかさんはいるよ。

なぜ「ぼっち」をつくるの?

落花生らっかせいは、水分の多い豆なんだ。り立てをゆでた、ゆで落花生も最近さいきん人気だけど、保存ほぞんがきくり落花生(ピーナッツ)にするには、掘ってすぐに煎ることはできない。落花生は収穫しゅうかくしたあと、まずは畑で1週間くらいして、それから大きなぼっちにみ上げて、1ヶ月以上畑で自然乾燥かんそうさせる。そうすることで、堀りたてよりも、豆の甘みがましていくんだ。これは大豆もおなじ。機械きかいをつかって短い時間で乾燥させるより、おいしいって言う人も多い。昔の人の知恵ちえってすばらしいね!

どんなことをする
プロジェクトなの?

ぼっちを見たことがある子たちは、おそらくそのぼっちは、藁笠わらがさではなくて、青いビニール(ブルーシート)をかぶっていたんじゃないかな。
ブルーシートは、どこでも手に入るし、値段ねだんも安くてとても便利べんりなんだけど、藁笠のぼっちって、昔ばなしに出てきそうで、すてきじゃない?それに藁笠は、使ったあと土にかえるから、ごみにもならないんだ。
このプロジェクトは、落花生らっかせい大豆だいずたねまきから参加さんかして、収穫しゅうかくして、ぼっちみをして、そしてさいごは、みんなでんだ藁笠をぼっちにかぶせていくプロジェクトなんだ。農家のうかさんといっしょに、千葉のすてきな風景ふうけいをつくっていこうよ!

参加すると、
どんないいことがあるの?

農家のうかさんや、お友だち、家族といっしょに、落花生らっかせい大豆だいずたねまきから、収穫しゅうかくまでを体験たいけんできるよ。土にさわったり、虫を見つけたり、植物しょくぶつがそだっていくようすをみるのが好きな子たち(大人たちにも!)におすすめ!それと、農家さんたちは、まわりの自然環境しぜんかんきょうをよごさない農業のうぎょうをめざして、さまざまなくふうをしている。ふだんはなかなか話す機会きかいのない農家さんから、いろんな話がきけるとおもうよ。あと、自分たちでつくった藁ぼっちでできた落花生や大豆が食べられるのも、たのしみだね!

いつ、どこにいけば、
参加できるの?

4月下旬に、「たねまき」の参加者さんかしゃ募集ぼしゅうをはじめます。日にちや農園のうえん場所ばしょは、そのときにおしらせします。おたのしみに!

落花生らっかせいわらぼっちスケジュール>

  • 5月下旬〜6月上旬

    種まき

  • 9月下旬〜10月上旬

    藁笠編わらがさあ

  • 10月上旬
    〜下旬

    収穫しゅうかく・ぼっち

大豆だいずの藁ぼっちスケジュール>

  • 6月中旬〜7月上旬

    種まき

  • 9月下旬〜10月上旬

    藁笠編み

  • 11月中旬
    〜下旬

    収穫・ぼっち積み

※募集は、イベントごとにおこないます。すべてに参加できなくても大丈夫です。
※落花生&大豆の収穫祭 2025年1月〜2月に開催

参加者募集中!
いよいよ、藁ぼっちプロジェクト!のはじまりです!

  • 種まきイベント 第3弾
    「大豆の種まき」

    種まきイベントの第3弾は、フィールズ農園で開催される大豆の種まきです!

    開催日程 2024年6月30日(日)10時〜13時半頃
    集合場所 佐倉市角来区民館 [千葉県佐倉市角来1700-4]
    参加費用 大人(中学生以上) 2,500円 / 小学生 1,000円 / 未就学児無料

終了しました!

  • 種まきイベント 第1弾
    「落花生の種まき」

    種まきイベントの第1弾は、佐倉市内で無農薬・無化学肥料の自然栽培でお米とお野菜とブルーベリーをそだてているビオ農縁さんといっしょに行う、落花生の種まきです。

  • 種まきイベント 第2弾
    「落花生の種まき」

    種まきイベントの第2弾は、結び合い農園さんで行う落花生の種まきです。

収穫祭しゅうかくさい

自分たちがたねまき、藁笠編わらがさあみ、ぼっちみに参加した落花生らっかせい大豆だいずは、おいしくできたかな?農家さんといっしょに、収穫しゅうかくをおいわいしよう!来年らいねんの1月ー2月に開催かいさいするよ。日にちがきまったら、おしらせするね。

参加農家さんたち

大人の皆さんへ

このプロジェクトは、落花生や大豆のぼっちの、雨除けの主流であるブルーシートの使用を、環境保全型農業を営む農家と、地域住民の協力のもと、稲藁を用いた藁笠の使用へと変換・普及していくプロジェクトです。

石油資源の節約、農村景観の保全、環境保全型農業への理解増進、資源循環促進の啓発、食育など、多方面での波及を目指し、誰にとっても身近な「食」を起点に、広い視野で環境問題をとらえるきっかけ作りとなることを願って企画いたしました。

ご賛同いただける方はぜひご家族やご友人をさそって、プロジェクトにご参加ください。遠方にお住まいの方や直接畑に足を運べない皆様には、寄付金や寄附グッズの購入を通じて本プロジェクトをご支援いただくこともできます。(準備中)

土に種をひとつ落とすと、種から芽を出した植物には、それまでにはそこにいなかった菌や微生物が寄生し、葉や花は新たな虫や蜂、鳥を引き寄せ、その変化はさらに波紋のように広がって、周囲の自然環境を大きく変えていきます。

私たちの取り組みは、まだ小さなものですが、土に落とされた一粒の種のように周囲に変化をもたらし、成長してくれることを願っています。

皆様のご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。

「〜千葉の原風景を未来の子どもたちに〜藁ぼっちプロジェクト!」

参加団体:結び合い農園 小出農園 ビオ農縁 佐倉小林農園 フィールズ農園
助成:ちば環境再生基金
後援:佐倉市 佐倉市教育委員会
協力:VEGAN-DELI OPTIMIST!
企画・制作:一般社団法人フィールズ・フィールズ